料金表|インプラントなど患者様にご満足いただけるゴールを目指す、品川のよしひろ歯科クリニック

03-5498-4618 土日曜診療あり、平日19時まで
ご予約・
お問い合わせ
ENGLISH

料金表

Price

料金表 Price

よしひろ歯科クリニックでご提供しています自費診療の料金のご案内です。料金はすべて税込み表記となっています。
ご不明な点がありましたら、スタッフまでお気軽にお尋ねください。

インプラント埋入治療

オールオンフォー
診療内容 料金 一般的な
治療期間
一般的な
治療回数
インプラント埋入治療診断料/1回 22,000円 1日 1回
静脈内麻酔(セデーション)/1回 99,000円 1日 1回
埋入/片顎 1,100,000円 2~3週 2~3回
即時プロビ/片顎 220,000円 2~3週 2~3回
セカンドプロビ/片顎 550,000円 2~3週 2~3回
ファイナル上部構/片顎 880,000円 2~3週 2~3回
※料金は全て税込表示です。
※治療期間・回数は症状や治療の進行状況などにより変化します。あくまで一般的な数値ですので、参考程度にお考えください。
インプラント埋入治療
診療内容 料金 一般的な
治療期間
一般的な
治療回数
インプラント埋入治療診断料/1回 22,000円 半年~1年 8回
静脈内麻酔(セデーション)/1回 77,000円 1日 1回
埋入手術(ノーベル)
/1本(骨再生治療GBR含む)
264,000円 3~6ヵ月 3~10回
上部セラミック(ノーベル)
/白い歯またはマグネット1本
198,000円 2~3週 2~3回
埋入手術(オステム)
/1本(骨再生治療GBR含む)
198,000円 2~3週 2~3回
上部セラミック(オステム)
/白い歯またはマグネット1本
143,000円 2~3週 2~3回
サイナスリフト/片側 220,000円 3~6ヵ月 2~3回
ソケットリフト/1歯 55,000円
(or 77,000円)
3~6ヵ月 2~3回
FGG(歯肉移植)/1回 88,000円 1~6ヵ月 3~10回
骨移植/1回 165,000円 1~6ヵ月 3~10回
※料金は全て税込表示です。
※治療期間・回数は症状や治療の進行状況などにより変化します。あくまで一般的な数値ですので、参考程度にお考えください。

矯正歯科

診療内容 料金 一般的な
治療期間
一般的な
治療回数
審査・診断/初回 38,500円 1日 1回
乳歯期の顎の発達による
歯と顎の矯正/全顎
253,000円 1~2年 12~24回
乳歯期の顎の発達による
歯と顎の矯正
(延長が必要なとき)/全顎
258,760円 1~3年 12~36回
永久歯による歯の矯正/全顎 495,000円 1~3年 12~36回
マウスピース矯正診断料 55,000円 1日 1回
マウスピース矯正治療 715,000円 1~3年 12~36回
※料金は全て税込表示です。
※治療期間・回数は症状や治療の進行状況などにより変化します。あくまで一般的な数値ですので、参考程度にお考えください。

ホワイトニング

診療内容 料金 一般的な
治療期間
一般的な
治療回数
オフィスホワイトニング
/上下顎の見える範囲:1回目
27,500円 1~3週間 1~3回
オフィスホワイトニング
/上下顎の見える範囲:2回目以降
27,500円 1~3週間 1~3回
※料金は全て税込表示です。
※治療期間・回数は症状や治療の進行状況などにより変化します。あくまで一般的な数値ですので、参考程度にお考えください。

詰め物・被せ物

診療内容 料金 一般的な
治療期間
一般的な
治療回数
ラミネートベニア/1本 121,000円 1~3週間 2~3回
ジルコニア/1本 132,000円 2週間~2ヵ月 2~4回
e.max /1本 110,000円 2週間~2ヵ月 2~4回
ポーセレンインレー 49,500円 2週間~2ヵ月 2~4回
※料金は全て税込表示です。
※治療期間・回数は症状や治療の進行状況などにより変化します。あくまで一般的な数値ですので、参考程度にお考えください。
※下記のe.maxは薬機法(医薬品医療機器等法)において承認されています。
【IPS e.max プレス】医療機器認証番号:220AGBZX00010000
【IPS e.max ジルプレス】医療機器認証番号:220AGBZX00011000
【IPS e.max キャド】医療機器認証番号:220AGBZX00008000
【IPS e.max ジルキャド】医療機器認証番号:220AGBZX00009000
※「e.max」の一般的なリスク・副作用については、「詰め物・被せ物、セラミックによる治療の一般的なリスク・副作用」をご覧ください。

お支払い方法 Payment

さまざまなお支払い方法を
ご用意しております

現金・クレジットカード・デンタルローン

医療費控除について Deduction

医療費控除について

医療費控除とは

申告者本人または生計をともにする配偶者や子供などのために、1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費の合計額が10万円を超える場合、一定の金額が控除される制度です。

医療費控除額について

控除金額は、下記の計算式で算出できます。

医療費控除額について
※1 算出した金額がマイナスの場合は医療費控除対象外。控除額の上限は200万円。
※2 出産育児一時金、配偶者出産育児一時金、家族療養費、高額療養費生命保険会社・損害保険会社から支払われた傷害費用保険金・医療保険金・入院給付金など。
※3 所得金額が200万円未満の方は、所得金額の5%。

医療費控除の対象となる医療費

おもに、下記の内容に支払った医療費が控除の対象になります。
◦医師または歯科医師による診療・治療
◦治療または療養に必要な医薬品の購入
◦病院、診療所、介護老人保健施設、介護医療院、指定介護療養型医療施設、指定介護老人福祉施設、指定地域密着型介護老人福祉施設または助産所への入所
◦あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術
◦保健師、看護師、准看護師による世話
など
詳細はこちらをご確認ください。

医療費控除の対象となる歯科治療

矯正治療は、医療費控除の対象となる歯科治療です。治療時の年齢や目的により、医療費控除の対象となるか否かが判断されます。

◦小児矯正の場合
子供が健全に成長するうえで、良好な噛み合わせの確立は欠かせません。顎骨のスムーズな成長を促すための矯正治療は、社会通念上必要な治療と考えられます。そのため、成長過程にある子供の矯正治療は、多くの場合医療費控除の対象になると考えられます。

◦成人矯正の場合
見た目を整えるための審美的な目的で行なう矯正治療は、医療費控除の対象にはなりません。ただし、不正咬合による咀嚼障害や発音障害など機能的な問題を解決するために行なう矯正治療は、医療費控除の対象になります。

医療費控除を受けるための手続き

平成29年分以降の確定申告書を提出する場合は、「医療費控除の明細書」を作成し、確定申告書に添付してください。平成29年分から令和元年分までの確定申告書を提出する場合は、明細書ではなく領収書の添付または提示も可能です。
なお、手続きの際に歯科治療の診断書の提出を求められることがありますので、必要な場合はご相談ください。※給与所得のある方について、平成31年4月1日以後、源泉徴収票の添付または提示が不要となりました。
※領収書の添付が不要でも、5年間保管する必要があります。
医療費控除についての詳細は、こちらをご確認ください。

●インプラント埋入治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・インプラントの埋入にともない、外科手術が必要となります。
・高血圧症、心臓疾患、喘息、糖尿病、骨粗鬆症、腎臓や肝臓の機能障害などがある方は、治療を受けられないことがあります。
・手術後、痛みや腫れが現れることがありますが、ほとんどの場合1週間ほどで治ります。
・手術後、歯肉・舌・唇・頬の感覚が一時的に麻痺することがあります。また、顎・鼻腔・上顎洞(鼻腔の両側の空洞)の炎症、疼痛、組織治癒の遅延、顔面部の内出血が現れることがあります。
・手術後、薬剤の服用により眠気、めまい、吐き気副作用が現れることがあります。
・手術後、喫煙や飲酒をすると治療の妨げとなるので、1週間は控えてください。
・インプラントの耐用年数は、口腔内の環境(骨・歯肉の状態、噛み合わせ、歯磨きの技術、メンテナンスの受診頻度、喫煙の有無など)により異なります。
・毎日の清掃が不十分だった場合、インプラント周囲炎(歯肉の腫れや骨吸収など)を引き起こすことがあります。

●オールオンフォーにともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・インプラントの埋入にともない、外科手術が必要となります。そのため、オールオンフォーの一般的なリスク・副作用はインプラント埋入治療と同様になりますので、上記「インプラント埋入治療の一般的なリスク・副作用」をご確認ください。

●矯正歯科治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に1年半~3年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1~2年半を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
・加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

●オフィスホワイトニングにともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・ホワイトニング用の薬剤の主成分である過酸化水素には、歯の表面にある保護膜を溶かす作用があります。1~2日ほどで保護膜は元に戻りますが、元に戻るまでは歯の表面が荒れやすくなります。
・ホワイトニング用の薬剤は、歯の中心部の歯髄(歯の神経)まで浸透するとその刺激によって知覚過敏の症状が出ることがあります。
・1回の施術では理想の白さにならないことがあります。
・歯の厚みなどが原因で白くなりにくいことがあり、白さにムラが出ることがあります。これについては施術前に判断できかねますので、ご了承ください。
・施術後は少しずつ着色していくため、1回の施術で白さを維持できる期間は、おおよそ3~6ヵ月です。
・施術後も白さを維持し続けるためには、定期的にメンテナンスを受ける必要があります。
・詰め物や被せ物が多い方は、ご自分の歯との色の差が目立つようになることがあります。その部分の色をご自分の歯に近づけることは可能ですが、時間と費用が必要です。
・入れ歯や差し歯など、人工歯は白くできません。

●詰め物・被せ物、セラミックよる治療にともなう一般的なリスク・副作用

・審美性と機能性を重視する場合は自費診療の材料(セラミックなど)を使うため、治療費は保険診療よりも高額になります。
・歯ぎしり・食いしばりなどの癖や噛み合わせによっては、補綴物が破損することがあります。
・審美的歯科治療を行なう前に、根管治療や被せ物の土台の処置が必要なことがあります。
・セラミック製の詰め物・被せ物は、金属製の補綴物よりも歯を削る量が多くなることがあります。
・噛み合わせ・歯ぎしり・食いしばりの強い方には、破損防止のためのマウスピースの使用をおすすめすることがあります。
・加齢による歯肉退縮により補綴物の審美性が失われた場合、再治療が必要なことがあります。

●ラミネートベニアにともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・歯ぎしり・食いしばりなどの癖や噛み合わせによっては、補綴物が破損することがあります。
・加齢による歯肉退縮により補綴物の審美性が失われた場合、再治療が必要なことがあります。
・削る歯の量はごくわずかですが、歯がしみることがあり、症状が強い場合は神経を取ることがあります。

03-5498-4618 土日曜診療あり、火・木20時まで