歯がボロボロで歯医者に行くのが恥ずかしい?克服法を歯科医師が解説|インプラントなど患者様にご満足いただけるゴールを目指す、品川・武蔵小山のよしひろ歯科クリニック

03-5498-4618 土日曜診療あり、平日19時まで
ご予約・
お問い合わせ
ENGLISH
よしひろ歯科クリニックブログ
Blog

歯がボロボロで歯医者に行くのが恥ずかしい?克服法を歯科医師が解説

虫歯、歯周病
歯がボロボロで歯医者に行くのが恥ずかしい?克服法を歯科医師が解説

歯がボロボロで歯医者に行くのが恥ずかしいと感じていませんか?

「長年歯のケアを怠ってきたことで、虫歯だらけになってしまった。」

「歯科医師に見られるのは恥ずかしくて、なかなか歯医者に行く勇気が出ない。」

恥ずかしい気持ちも分かりますが、そのまま放置し続けると、さらなる健康被害につながるかもしれません。

この記事では、歯がボロボロで歯医者に行くのを躊躇している方のために、歯科医師の立場から恥ずかしさを克服する方法をお伝えします。

歯医者は患者さんの味方であり、あなたの歯の健康を守るためにサポートをする存在です。あなたの健康的な笑顔を取り戻すために、この記事が少しでもお力になれば幸いです。

 

歯のお悩みはよしひろ歯科クリニックへ

詳細:当院のインプラント治療について

お問合せ:ご予約・お問い合わせフォーム

電話番号:03-5498-4618

 

歯がボロボロで歯医者に行くのが恥ずかしいと感じる理由

歯の状態が悪化している方が歯医者に行くのを躊躇する理由は様々ありますが、主に恥ずかしさや不安からくるものが多いようです。

・虫歯だらけの歯を見られるのが恥ずかしい

・口臭がひどいことを指摘されるのが嫌

・歯磨きをしていないと思われたくない

・自分の不衛生さを指摘されるのが怖い

・歯科医師に否定的なことを言われるのが怖い

・歯の状態が悪いことで嫌悪感を持たれるのが嫌

・治療が痛いのではないかと不安

・若いのに歯が悪いことを馬鹿にされるのが嫌

・歯の状態を改善するのに時間とお金がかかりそうで億劫

・歯科医師や衛生士に顔を覚えられているのが恥ずかしい

ここでは、そういった気持ちを抱える方々の心情を3つの観点から探ってみましょう。

 

虫歯だらけの歯を見られたくない

長年歯のケアを怠ってきたことで、虫歯が多数あったり、歯が抜けたままになっていたりする状態を歯科医師に見られるのは、非常に恥ずかしく感じるものです。

自分の不衛生さやだらしなさを指摘されるのではないかという不安から、歯医者への足が遠のいてしまいます。

 

気持ち悪いと思われたくない

歯の状態が悪いことで、歯科医師から嫌悪感を持たれるのではないかという恐れも、歯医者に行くことを躊躇う理由の一つです。

特に、若い女性の場合、見た目への意識が高いため、自分の口内状態を他人に見られることに強い抵抗を感じることがあります。

 

歯医者に否定されたくない

過去に歯科医師から「なぜこんなに虫歯が多いの?」などと責められた経験がある方は、再び同じような言葉を投げかけられるのではないかと恐れ、歯医者に行くことを避けてしまいます。

歯の状態について否定的なコメントをされることで、自尊心が傷つくことを恐れているのです。

 

関連記事:歯がボロボロすぎて歯医者に行けない方へ|不安を解消する方法

 

歯がボロボロ歯医者へ行くのが恥ずかしい人へ|歯科医師の本音

歯の状態が悪化しているために歯医者に行くのを躊躇している方へ、歯科医師としてお伝えしたいのは、歯の状態がどれほど悪くても、私たちは驚いたりせず、あなたの歯の健康を取り戻すためのサポートに専念するということです。

ここでは、歯科医師の本音を4つの観点からお話しします。

 

どんなに歯がボロボロでも驚かない

歯科医師は日々様々な症例を目にしているため、たとえ重度の虫歯や歯周病の患者さんが来院されても、驚くことはほとんどありません。

歯科大学で学ぶ段階から、多種多様な症例について学んでいるので、どんな状態の歯でも冷静に対応できます。

あなただけが特別ひどい状態だと思い込む必要はありません。

 

治療方法のみを考えている

歯科医師は患者さんの口腔内を診察する際、その状態をどのように改善していくかという治療方針のみを考えています。

患者さんが恥ずかしい思いをしながら来院されたことを理解しているからこそ、できる限り負担の少ない治療方法を提案できるよう心がけています。

 

なるべく早く来てほしいと思っている

歯の問題は放置すればするほど悪化し、手遅れになってしまうこともあります。

そのため、歯科医師は少しでも口腔内の不調を感じた患者さんには、早めに来院してほしいと願っています。

一人でも多くの方の歯の健康を守ることが、歯科医師の使命です。

 

歯がボロボロなのはあなただけではない

歯の状態を悪化させてしまったことに強い恥ずかしさを感じているかもしれませんが、実はそのような悩みを抱えている患者さんは数多くいらっしゃいます。

あなただけが特別なのではなく、同じ境遇の方々も歯医者に足を運ぶ勇気を持っているのです。

安心して歯科医院に相談してみてください。

 

歯がボロボロのまま放置することのリスク

歯の状態が悪化しているにも関わらず、そのまま放置してしまうことには重大なリスクが伴います。

虫歯や歯周病がさらに進行し、最悪の場合、歯を失ってしまう可能性もあるのです。

ここでは、歯の問題を放置することで起こりえる4つの深刻な影響について詳しく解説します。

 

虫歯や歯周病がさらに進行する

虫歯を放置すると、細菌が歯の内部へと侵入し、神経にまで到達してしまうことがあります。

この状態になると、根管治療が必要となり、治療がより複雑になります。

また、歯周病も放置すれば進行し、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラになってしまいます。

早期発見や早期治療が大切です。

 

歯を失う可能性がある

虫歯が進行し過ぎてしまうと、歯を残すことが難しくなり、抜歯せざるを得なくなることがあります。

歯を失うことで、噛む機能が低下し、食事の質にも影響が出ます。

また、歯のない部分は他の歯に負担がかかるため、将来的に他の歯も失う原因となりかねません。

 

治療費が高額になる

虫歯や歯周病が進行すればするほど、治療に必要な回数や費用は増大します。

重度の虫歯の治療には、通常の虫歯治療の何倍もの費用がかかることがあります。

また、歯を失った場合には、入れ歯やインプラントなどの治療が必要となり、さらに高額な費用が発生します。

早めの治療で費用を抑えることが賢明です。

 

関連記事:歯がボロボロの治療費用を紹介|治療費を払えない対処方法は?

 

全身の健康に影響を及ぼす

口腔内の問題は、全身の健康にも大きな影響を与えます。

虫歯や歯周病の原因菌が血管を通って全身に広がれば、心臓病や糖尿病などの重大な病気のリスクが高まります。

また、歯の痛みによる食事の偏りは栄養バランスを崩し、体調不良を引き起こす可能性もあります。

口腔の健康は全身の健康につながっています。

 

歯医者に行く恥ずかしさを克服する方法

歯の状態が悪化しているにも関わらず、恥ずかしさから歯医者に行くことを躊躇している方は、その気持ちを乗り越えることが大切です。

ここでは、歯医者に行く恥ずかしさを克服するための3つの方法をご紹介します。

歯医者は患者さんの味方であり、適切な治療を受けられる環境を選ぶことで、リラックスして治療に臨むことができるでしょう。

 

歯医者は味方であると理解する

歯医者は、患者さんの歯の健康を守るために尽力する専門家です。

たとえ歯の状態が悪くても、決して批判や非難をするようなことはありません。

むしろ、患者さんが勇気を出して来院したことを評価し、サポートする立場にあります。

歯医者は患者さんの味方であり、恥ずかしがる必要はありません。

 

早めに歯医者に相談することで適切な治療が受けられる

歯の問題を放置すればするほど、状態は悪化し、治療も複雑になります。

早い段階で歯医者に相談することで、適切な治療を受けられ、健康な歯を維持することができます。

例え、恥ずかしさを感じても、一歩踏み出す勇気を持つことが大切です。

歯医者はあなたの歯の健康を守るために最善を尽くしてくれるはずです。

 

リラックスして治療を受けられる環境を選ぶ

歯医者選びは、快適に治療を受けられる環境を選ぶことが重要です。

痛みの少ない治療を心がける歯医者や、リラックスできる雰囲気の歯科医院を選ぶことで、恥ずかしさや不安を和らげることができます。

また、事前に治療内容や不安な点を相談することで、歯科医師とのコミュニケーションも円滑になり、安心して治療に臨めるでしょう。

 

まとめ

歯がボロボロで歯医者に行くことに恥ずかしさを感じるのは自然な感情ですが、歯の健康を取り戻すためには、その気持ちを乗り越えることが大切です。

歯科医師は患者さんの味方であり、どんな状態の歯でも驚いたり批判したりすることはありません。

むしろ、患者さんが勇気を出して来院したことを評価し、適切な治療を提供するためにサポートをします。

早めに歯医者に相談することで、歯の状態の悪化を防ぎ、健康的な歯を維持することができます。

また、リラックスして治療を受けられる環境を選ぶことで、恥ずかしさや不安を和らげることも可能です。

歯がボロボロで歯医者に行くのが恥ずかしいと感じている方は、一歩踏み出す勇気を持ちましょう。

あなたの健康的な笑顔を取り戻すために、歯科医師はあなたをサポートします。

 

関連記事

20代なのに歯がボロボロ|原因と改善策を歯科医が解説

30代で歯がボロボロ|原因と改善方法を歯科医師が徹底解説

40代で歯がボロボロ|主な原因と改善法を歯科医師が解説

歯がボロボロで悩む50代へ|原因と治療法を徹底解説

高齢者で歯がボロボロ|原因と治療方法を歯科医師が解説

 

監修者 山田 嘉宏(やまだ よしひろ)

歯がボロボロで歯医者に行くのが恥ずかしい?克服法を歯科医師が解説

医療法人社団隆嘉会 ソレイユデンタルクリニック 理事長

1990年 昭和大学歯学部 卒業
1990~1992年 東京医科歯科大学補綴科 勤務
1992~1993年 茨城県友部歯科診療所 勤務
1993~1999年 品川区共立歯科 分院長 勤務
1999~2003年 よしひろ歯科クリニック 開院
2003年 医療法人社団隆嘉会 よしひろ歯科クリニック 開院
2014年 医療法人社団隆嘉会ソレイユデンタルクリニック 開院

資格

・厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医
・日本口腔インプラント学会専門医
・IDIA(国際歯科インプラント協会/旧 ADIA(アメリカ歯科インプラント協会))専門医/指導医
・DGZI(ドイツ口腔インプラント学会)専門医/指導医
・ISOI(国際口腔インプラント学会)専門医/指導医
・ICOI(国際口腔インプラント学会)認定医
・日本臨床歯周病学会歯周病認定医

 

歯のお悩みはよしひろ歯科クリニックへ

詳細:インプラント治療

お問合せ:ご予約・お問い合わせフォーム

電話番号:03-5498-4618

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

03-5498-4618 土日曜診療あり、火・木20時まで